世界で活躍できるチャンスも!医療機器産業で働く魅力って?

世界で活躍できるチャンスも!医療機器産業で働く魅力って?

現代医療において、医師や看護師の知識・技術とともに必要不可欠な存在である医療機器。

MRI装置や人工透析器・人工心肺・人工血管・ペースメーカーなどの普段あまり目にしないようなものから、聴診器や注射器・血圧計などといった馴染みのあるものまで、医療の現場ではさまざまな医療機器が活躍し、私たちの健康を支えています。

そんな医療機器を扱う業界が、医療機器産業です。ここでは、医療機器産業で働く魅力についてご紹介します。

目次

成長産業

医療機器業界は、成長産業である!

看護士と患者

少子高齢化が進むにつれて、医療機器がもっと必要になる

これから、日本は超高齢化社会・少子化社会に突入していくといわれています。
高齢になるにつれて病気や怪我をする人は多くなるため、社会の高齢化が進むと医療機関を利用する人が増え、医療機器を使用する機会も増加することが想定されます。また、赤ちゃんや子どもも成人に比べて病気になる確率が高いため、産まれてきた赤ちゃんや小さな子どもの命を守るためにも、より良い医療機器が必要になるでしょう。

このように、少子高齢化の未来を見据えると、今後ますます医療機器の開発・製造・流通が盛んになっていくことが予想できます。

 

最先端技術を積極的に取り入れ、日々進化している

最先端の技術を取り入れることによって医療機器は進化を遂げており、医療現場に多くの変化と改革をもたらしています。

 

①診断の変化

高精度の医療機器のおかげで、今まで見ることのできなかった部分が見えるようになり、診断が素早く・正確にできるようになっています。例えば、CTで身体の内部構造を3D画像で映すことができるようになったり、内視鏡で消化管の中をリアルタイムで見ることができるようになったことで、今まで見つけられなかった病気を見つけられるようになりました。

 

②治療の変化

医療機器の進化は、今まで治療ができなかった病気や怪我を治すことを可能にしました。また、難しい治療が簡単に行えるようになったり、身体に大きな傷を残すような治療が小さな傷で済むようになったりと、救えなかった命を救うことや患者さんのQOLの向上にも貢献しています。例えば、カテーテルや内視鏡などの医療機器の進化により、それまで身体の一部を大きく切り開いて行っていた手術を、小さな傷でできるようになりました。

 

③受診できる場所の変化

医療機器の進化は、患者さんの受診場所の制限を少なくすることにも貢献しています。

昔は都会や大きな病院でしか診断・治療ができなかった病気を近くの診療所で行えるようになったり、治療には入院するしか方法がなかった病気を、自宅でも治療できるようになったりしているのです。具体的には、糖尿病装置の精度が向上し、少量の血液量で検査ができるようになったため、診療所や自宅で検査ができるようになったり、除細動器は自動で電気ショックを与えることができるようになり、AEDとして世の中に普及することで、駅や施設などでも応急処置ができるようになったりしました。

 

世界から求められている

少子高齢化や最先端技術による日々の進化により、日本の医療機器は日本はもちろん世界中から求められており、国内医療機器市場・世界医療機器市場いずれの推移も右肩上がりで成長しています。

 

 

高い価値

医療機器業界には、高い価値がある!

注射

安定した業界である

現代医療において、医療機器は常に必要とされるものです。
そのため、医療機器産業は他産業と比べて安定した業界だといえます。景気が悪いからといって医療機器を使用しないということはほとんどないため、景気に左右されにくい業界でもあります。また、医療機器業界は人が生きていく上で必要な業界であるため、時代が進んでも“なくなる”というリスクは極めて低いといえます。

 

社会貢献度が高い

医療機器は、病気の治療や診断などの医療行為を行う際に必ずといっていいほど使用され、私たちの命を支えています。医療機器がなければ、病気が見つけられず症状が重くなってしまう人や、治療ができず命を落としてしまう人、QOLを上げられない人が多くなり、人々の健康や命を守ることができなくなってしまうでしょう。医療機器は、医療を支え、高い価値を世の中にもたらしているのです。

そんな医療機器を世の中に送り出す医療機器産業は、とても大切な産業だといえます。例えば、ペースメーカーや人工透析器の存在がなければ生きられない人や、人工関節や補助具がないと歩けない人にとっては、文字通りなくてはならない存在です。

 

また、医療機器は、医師や看護師などをサポートし、医師や看護師の手間を省いたり安全を守ったりしています。そのため、医師や看護師からも必要とされています。あらかじめ薬液の入っている注射器や血液感染を防止する蓋付きの針は、医療職の負担や感染リスクを減らすことに貢献しています。

 

 

多様な人材

医療業界は、多様な人材を必要としている!

さまざまな職種

様々な分野の人材が活躍できる

医療機器産業では、仕事によって必要とされる知識や専門性が異なるため、多様な人材が必要とされます。そのため、誰にでも活躍のチャンスがあるといえます。

例えば、医療機器を開発・製造するために必要な技術系の方、製品をデザインするクリエイター系の方、営業や会社を支える仕事を行う文系の方、人の身体構造や動きが分かる体育系の方……。

さまざまな分野の方が活躍することのできる環境が整っています。

 

また、医療機器産業のグローバル化にともなって、日本に留まらず世界を舞台に仕事ができるチャンスもたくさんあります。世界の医療機器市場において、日本の市場規模は約9%程度で、残りの91%が海外市場。そのため、海外で働くことを希望している方や語学を生かして仕事をしたい方にも、大いにチャレンジしがいのある業界だといえます。

 

女性や外国人の方も活躍できる

外国人従業員と仕事する日本人ビジネスマン

医療機器産業の企業の中には、女性の活躍に注目し、女性を積極的に採用したいと考えている企業も。医師や看護師にも女性が増えてきているため、同性の方ならではの理解やアイデアが求められることもあります。

また、グローバル化により外国人を採用したいと考えている企業も多数。これから海外進出を考えている企業や新しい地域展開を考えている企業などには、その現地のことに詳しい人材が求められています。

「業界を知ろう!」の
その他の記事一覧