【医療機器業界の特徴】
高い価値

【医療機器業界の特徴】<br>高い価値

医療機器業界には、高い価値がある!

安定した業界である

現代医療において、医療機器は常に必要とされるものです。
そのため、医療機器産業は他産業と比べて安定した業界だといえます。景気が悪いからといって医療機器を使用しないということはほとんどないため、景気に左右されにくい業界でもあります。また、医療機器業界は人が生きていく上で必要な業界であるため、時代が進んでも“なくなる”というリスクは極めて低いといえます。

 

社会貢献度が高い

医療機器は、病気の治療や診断などの医療行為を行う際に必ずといっていいほど使用され、私たちの命を支えています。医療機器がなければ、病気が見つけられず症状が重くなってしまう人や、治療ができず命を落としてしまう人、QOLを上げられない人が多くなり、人々の健康や命を守ることができなくなってしまうでしょう。医療機器は、医療を支え、高い価値を世の中にもたらしているのです。

そんな医療機器を世の中に送り出す医療機器産業は、とても大切な産業だといえます。例えば、ペースメーカーや人工透析器の存在がなければ生きられない人や、人工関節や補助具がないと歩けない人にとっては、文字通りなくてはならない存在です。

 

また、医療機器は、医師や看護師などをサポートし、医師や看護師の手間を省いたり安全を守ったりしています。そのため、医師や看護師からも必要とされています。あらかじめ薬液の入っている注射器や血液感染を防止する蓋付きの針は、医療職の負担や感染リスクを減らすことに貢献しています。

 

 

「業界を知ろう!」の
その他の記事一覧