【医療機器の種類】
MRI(Magnetic Resonance Imaging)装置

【医療機器の種類】<br>MRI(Magnetic Resonance Imaging)装置

・機器の役割

MRI装置の中心にある大きな空洞に身体を入れ、磁気の力を利用して身体の臓器や血管などを撮影し、全身の内部の異常を見つける医療機器です。

CT(Computed Tomography)装置も同様の目的で使用されますが、原理が異なり、MRI装置は磁場、 CT装置はX線を利用しています。

MRI装置とCT装置はそれぞれ適した疾患があるため、患者の状況や病気の種類によって使い分けられることが多いです。

・どんなときに使われるのか

脳、脊椎、腕や脚、子宮・卵巣・前立腺などに生じた病変の他、身体の様々な部位を検査するために使用します。

  • TWEET
  • SHARE

「医療機器って何?」の
その他の記事一覧