【医療機器の種類】
体温計

【医療機器の種類】<br>体温計

・機器の役割

体温を測定するための医療機器です。体温は疾患の兆候や病態を把握するための指標の一つとして用いられることが多く、病院はもちろん、一般家庭にも広く普及している医療機器です。

体温計には様々な種類があり、水銀体温計、電子体温計、赤外線体温計などがあります。

また、耳式や非接触式などの測定方法が異なるものや、妊婦用、赤ちゃん用などの用途に応じたものもあります。スマートフォンやアプリと連動した体温計などもあります。

・どんなときに使われるのか

普段の健康管理、妊娠時、風邪を引いた際、その他診断・検査時などに使用します。

  • TWEET
  • SHARE

「医療機器って何?」の
その他の記事一覧