【医療機器の種類】
ドレープ

【医療機器の種類】<br>ドレープ

・機器の役割

手術部位の清潔を保つために、手術部位だけを露出させて、それ以外は滅菌した布で覆います。

この滅菌した布をドレープと言います。

手術部位により、眼科ドレープ、心臓外科ドレープなど様々な種類があります。

・どんなときに使われるのか

手術・処置の時などに使用します。

  • TWEET
  • SHARE

「医療機器って何?」の
その他の記事一覧