【医療機器業界の特徴】
多様な人材

【医療機器業界の特徴】<br>多様な人材

医療業界は、多様な人材を必要としている!

様々な分野の人材が活躍できる

医療機器産業では、仕事によって必要とされる知識や専門性が異なるため、多様な人材が必要とされます。そのため、誰にでも活躍のチャンスがあるといえます。

例えば、医療機器を開発・製造するために必要な技術系の方、製品をデザインするクリエイター系の方、営業や会社を支える仕事を行う文系の方、人の身体構造や動きが分かる体育系の方……。

さまざまな分野の方が活躍することのできる環境が整っています。

 

また、医療機器産業のグローバル化にともなって、日本に留まらず世界を舞台に仕事ができるチャンスもたくさんあります。世界の医療機器市場において、日本の市場規模は約9%程度で、残りの91%が海外市場。そのため、海外で働くことを希望している方や語学を生かして仕事をしたい方にも、大いにチャレンジしがいのある業界だといえます。

 

女性や外国人の方も活躍できる

外国人従業員と仕事する日本人ビジネスマン

医療機器産業の企業の中には、女性の活躍に注目し、女性を積極的に採用したいと考えている企業も。医師や看護師にも女性が増えてきているため、同性の方ならではの理解やアイデアが求められることもあります。

また、グローバル化により外国人を採用したいと考えている企業も多数。これから海外進出を考えている企業や新しい地域展開を考えている企業などには、その現地のことに詳しい人材が求められています。

「業界を知ろう!」の
その他の記事一覧