【医療機器業界とは?】
医療機器業界ってどんな業界なの?

【医療機器業界とは?】 <br>医療機器業界ってどんな業界なの?

医療機器は人の命や健康を支えるとても大切な製品です。そして医療機器業界はその医療機器を取り扱ってビジネスをしている業界になります。

この記事では、医療機器業界とはどんな業界なのか?について簡単にご紹介します。

もっと詳しく知りたい!という方は是非各関連記事も読んでみてください

成長産業であり、今後も成長が期待されている

医療機器産業はこれまで安定的に成長をしてきました。そしてこれからも成長をすると言われています。成長する理由の1つとして、社会の高齢化が挙げられます。高齢化が進むと医療機器を必要とする方も増えるため、需要が伸びると考えられています。

 関連記事:【医療機器業界の特徴】成長産業

 

グローバルに活躍できる

医療機器は人々の健康に関連する製品ですので、国や地域の違いで求められているものが異なるということはありません。従って、日本で求められているものは、世界でも求められているということがあります。そのような市場の中で、医療機器業界の企業の中にはグローバルな舞台で活躍をしているところもあり、グローバルに活躍できる機会を大いに持っている業界です。

 関連記事:【特別インタビュー】デロイト トーマツコンサルティング合同会社

 

多様な人材が活躍できる

医療機器業界というと、「医療系もしくは理系出身の人でないと働けないのでは?」と思っている方が多いかもしれませんがそんなことはありません。例えば、他業界と同様に会社経営や企画提案、戦略立案を行うため経営学部、経済学部関係の方を必要としますし、グローバル化が進んでいる中で現地の言語や文化を学んでいる外国語学部、文学部関係の方なども必要です。一見関係が無いように思える分野が、医療機器業界でも必要とされているということは多々あり、多様な人材が活躍できる業界です。

 関連記事:【コラム】理系の仕事?医療機器業界で働く人とは?医療機器業界の仕事

 

発展が求められ、国が力を入れている産業である

医療機器業界は日本のみならず、グローバルで成長をしており、更なる成長を期待して国も後押しをしています

また、日本の課題の一つである「労働力の低下」の解決策の一つとして、医療機器産業の発展が鍵を握るともいわれており、医療機器産業は発展が期待されている産業です。

 関連記事:【特別インタビュー】経済産業省の医療・福祉機器産業室長に「医療機器業界のこれから」をインタビュー富原早夏さん

 

社会貢献度が高い産業である

医療機器の進歩は人の命を救ったり、病気やケガを治したり、患者のQOL(Quality of Life)の向上をしたり、多くの人のためになります。医療機器業界は医師や看護師でなくても人の命を救うことに貢献できる数少ない業界の一つなのです。

また、健康・医療は自分自身をはじめ家族、親戚、友達なども深く関わるとても身近なものであり、医療機器産業で働くということは、身近な人のために仕事を行うことでもあります。

 関連記事:【医療機器業界の特徴】高い価値

 

多くの企業がそれぞれ活躍している

医療機器業界の企業は誰もが知っている有名企業から、一般的にはあまり知られていないがグローバルでトップシェアを誇っているという企業、中小企業であっても他にはない独自の技術や製品を持っている企業など様々な企業があり、それぞれが活躍をしています。

 関連記事:教えて先輩!

 

 

いかがでしたか。

今回は、医療機器業界について簡単にご紹介しました。

普段あまり目にすることもなく、医療機器業界を知る機会は少ないかもしれませんが、医療機器業界は様々な特徴を持ち、それぞれに魅力があることを感じて頂けたのではないでしょうか。

皆さまの中には、海外で活躍したい社会貢献に繋がる仕事がしたい大手企業で働きたい中小企業で働きたいベンチャー企業で働きたいなど、様々な希望を持った方がいると思いますが、その想いに見合う企業が多い業界と言えるでしょう。

これから就職活動をしようと考えている方は、是非医療機器業界についても調べてみてください。医療機器業界に少しでも興味が湧いてきたら、進路の一つとしてみてはいかがでしょうか。

医機なびでは業界研究に役立つ情報を随時配信していきますのでお見逃しなく!

  • TWEET
  • SHARE

「業界を知ろう!」の
その他の記事一覧